健康保険の任意継続は有利か

会社の健康保険の加入期間が継続して2ヶ月以上で、会社を退職した翌日から健康保険20日以内でしたら退職した会社の健康保険を継続することが可能になります。このことを任意継続と言います。任意継続の手続きが終わればその後2年間は任意継続被保険者として退職後も変わらず健康保険に加入し続けられます。ただし、この制度の退職翌日からの20日間を逃してしまうと一切手続きができなくなってしまいます。その点は注意しましょう。

会社に在籍しているときは保険料の半分を会社が負担してくれていました。しかし退職してしまい、任意継続という形で加入しているとその保険料は全額負担することになります。実質、支払う必要のある保険料は倍になったのと同じ事になります。

一方、国民健康保険の場合は前年度の所得が基準で保険料が変動します。つまり、働いていた時の所得が基準で保険料が決まるので割高になってしまうことがあるのです。どちらの保険料が安くなるかを確認して、上手に安い方の健康保険を使うようにしましょう。国民健康保険の保険料が分からない場合は最寄りの市町村などの地方自治体に電話して確認してみると良いでしょう。

----PR-----------------------------
気持ちいいほどグングン伸びる!
今すぐスコア100を切りたいあなたに朗報!

●スライス、フックを直したい!
●もっと飛距離を伸ばしたい!
●憧れのシングルプレイヤーになりたい!

初ラウンドでスコアなんと92!
初心者でも100切る
脅威のゴルフ上達テクニック
期間限定
無料プレゼント中!

詳しくはこちらをクリック!
-----------------------------------
ファイル転送ソフト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。